« 白馬乗鞍岳BC&根子岳BC | トップページ | 根子岳BC・本編 »

2009年3月 6日 (金)

白馬乗鞍岳BC・本編

2009年2月28日白馬乗鞍岳BC

栂池高原スキー場栂の森山頂駅ー天狗原ー白馬乗鞍岳山頂ー天狗原ーゴンドラ乗り場前駐車場

土日はまたN吉につぶされたな、っと思い、ずぇーったいに1人ででも信州にでかけてやるからannoy(BCはムリだが)と宣言していたが、金曜の夜、「今晩から滑りに出かけよか?」とメールが入る。

というわけでN吉の帰りを待つ・・・

遅いのは仕方ないわ~、と思ってたら、なんと思いっきり飲んで帰ってるではないか!!

仕事で遅いと思ってたのにthunderしかも0時前。バッキャロ~と言ってももう仕方ない。とほほ。

今日はハイクアップするし運転も交代で行こうと思ってたのに。

白馬まで450㌔くらいであろうか?ひたすら1人で運転・・・出発したのが1時過ぎ。豊科着いたら5時だし。結局仮眠をとる時間もないまま準備開始。

Dsc_3041

天気がいいのがせめてもの救い。

今シーズンお初のスノーシューです。

栂池高原スキー場のゴンドラ片道券を2人分買ってゴンドラに乗り込み、ゲレンデトップへ。

わたしたちは山頂駅のすぐそばから歩き出すことにしました。でも7割くらいは更につが第一ペアリフトに乗ってもうちょっと上から歩き出していました。9時前に出発。

Dsc_3059_2

ちょっとばかり林道を進むとゲレンデ脇に出ます。そこを登り林道をショートカットしながら高度を上げていきます。

パフパフというよりバフバフって感じ。

Dsc_3071_2

林道を歩いたりショートカットしたりしながら進んでいきます。林道は平坦で登りやすい。

この天気、日焼けに注意!!

Img_1772

わかっているけどすぐに暑くなる。ジャケットを板にかけたら後姿なんかヘン!

   

Dsc_3083_2

先行者発見。みんなパウダー用のボードを担いでる。

林道をはずれて樹林の間を登っていきます。

Dsc_3085_2

成城大ヒュッテ

Dsc_3093_2

なんちゅ~景色のよさ!!

Dsc_3095

栂池ヒュッテも見えている。

Dsc_3098

Dsc_3105

スキーヤーはジグザグに登っていきます。

このあたりから急に視界が悪くなってきた。

Dsc_3113_2

急登にはヒールリフターでらくらく~♪便利だ。

Dsc_3115_

しかし二日酔いのこの人。よれよれで歩いてました。なめすぎなんですっ!

Dsc_3116

しばらく視界が悪い状態が続く・・・気がつけばちょっと右にルートがそれていた。

このあたりから滑り降りる人も何人かいました。どうもその人たちの後を追っていたみたい。

Dsc_3120

修正修正。少しずつ明るくなって青空が再び出てきた!

Dsc_3123

祠のある岩場で昼休憩。

一枚バーンがどど~んと登場です。すごーい!ありんこみたいに連なってみんな登ってます。

Dsc_3153

この岩場に座ってご飯を食べながら上から気持ち良さそうに滑ってくる人を見てるのがとっても楽しかった。

しかしここからでも滑っている人のガリガリっていう音が聞こえてる。かなりガリガリ斜面なのかな。

どのあたりを滑るかあーでもないこーでもないと2人で話し合う。うぁ~早く滑りたいなぁnote

Dsc_3164

山頂付近はとっても寒そうに見えたのであとひとふんばりしなきゃいけないのだけれどガマンできずプシューっ。

Dsc_3171

どこすべってもいいんだheart01

Dsc_3179

さ~て、行きますか。

Dsc_3196

ふと見上げると、パラシュート??パラグライダー?

めっちゃ気持ちよさそうなんですけどー!!スキー板つけて飛んでましたよ。着地はもちろんすべりながら。最高だろうな。

Dsc_3214

登っているところから斜面を見るとこんな感じ。遠くからの見た目より意外に急?

ワクワクするわぁ~こんな斜面見ると。

Img_1788

しんどいんだけれどあとちょっとで滑れると思うとなんのその。

Dsc_3224

夏に登った白馬乗鞍岳の頂上はもうすぐそこ。向こうには白馬岳方面が。

無雪期とどれくらい様子が違うのか楽しみにしてました。雪でこんなに雰囲気がかわるんですね。

Dsc_3226_2

ドロップ地点から頂上は離れてるけれどここまできたらやっぱり拝んどかないと。

ケルン、あんまり埋まってませんね。

Dsc_3237

先行者もルートをじっくり考え中?

Dsc_3240

わたしたちは大斜面に向かって左側の斜面(頂上から見て、右側)を滑ることにしました。ここからドロップインですが下が見えない。

わたしは先に滑ってカメラを出してスタンバってました。

斜面はけっこうガリガリで一瞬足がすくんでしまった(汗)

「全然下に現れないからコケたんかと思った」とN吉に言われました。

雪が少なく、パウダーの浮遊感は全くないけれどなによりこのナチュラルオープンバーンを滑り降りてる自分に感動です!!

この楽しさは一瞬で終わり。もう一回登り返したいくらい。

Dsc_3255

N吉。スプレーも上がる!

Img_1801

自分たちのシュプールを振り返ってみる。

Dsc_3263

自然の地形を滑るってほんと楽しいー。一部で、でっかーい穴があいていて、落ちたらやばいところもありましたが、思う存分楽しめましたよ。ゲレンデ内を滑る頃には太ももがやばかったです。山登りもできてボードもできて充実した1日でした。

下山後はご飯を食べて長野市にある松代温泉国民宿舎松代荘の温泉に入り、次の目的地、菅平高原を目指しました。

 

|

« 白馬乗鞍岳BC&根子岳BC | トップページ | 根子岳BC・本編 »

コメント

初めまして。
三脚マンさんのBlogから遊びに来ました。
同じ日に同じ場所にいたようですね。
私の当日のCTはこんな感じでした↓。
8:50(ゲレンデ上部)~9:05(林道エンド)9:15~9:30(成城大学小屋■)9:50~11:20(天狗原)~12:45(白馬乗鞍岳▲)13:20~14:50(林道エンド)
どこかですれ違っていますかね?

投稿: 那ぁ | 2009年3月12日 (木) 12:34

いい天気だったんですね~。
風があるより、断然いいですよ~。

那ぁさんと、同じ日だったんですね。
本当、山の世界は狭いモンですね。

投稿: 三脚マン | 2009年3月12日 (木) 21:00

>那ぁさん
初めまして!遊びに来てくださってありがとうございます!
今、改めて自分たちのCT確認してました。
那ぁさん早いですね!
ちなみにわたしたちは・・・

8:50ゴンドラ山頂駅前~9:55成城大(休憩)~12:00天狗原の岩場でお昼13:00ハイクアップ開始~
14:00白馬乗鞍岳山頂14:40ドロップイン・・・

とまぁなんともゆるゆるなBCですね(笑)天狗原でしばらく彷徨ったり、
二日酔いの相方がバテ気味で何度休憩をしたことか・・・

ということは、祠の前でラーメンをすすっている頃、那ぁさんはあの斜面を登っていらっしゃる・・・?ということでしょうか。
ちなみに斜面の3123の写真は12:02のものです。もしかして豆粒の中にいらっしゃるのでは??
ずっと滑ってくる方を見てましたよ、お隣さんと歓声を上げながら。きっと見てるでしょうね(゚ー゚)
そう考えると面白いですね~!

投稿: eri | 2009年3月13日 (金) 01:06

>三脚マンさん
天狗原にさしかかる前でガスってきたのでどうしようかと思ってたんですが、うれしいことにお天気回復!!

山頂までは風もほとんどなくて、おかげで暑くて暑くて・・・(汗
そうですか、三脚マンさんの時は風が激しかったんですね。

そうなんです、那ぁさんとすれ違ってはいないようですがわたしの方がきっと目撃しているハズ!
本当に山の世界は意外にも狭いものですよね~。
ブログつながりでいろんな方とご縁があるってほんと楽しいです!

三脚マンさんは・・・っと、例外なく三脚をもってらっしゃるんですよねー?山でもしや?と思った時は絶対にお声をかけますね!
その時はぜひジャンプ一緒にさせてください(笑


投稿: eri | 2009年3月13日 (金) 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408297/28496741

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬乗鞍岳BC・本編:

« 白馬乗鞍岳BC&根子岳BC | トップページ | 根子岳BC・本編 »